スポンサーリンク

SurfacePro6、実機体験レポートです。

2018年12月22日

SurfacePro6 電源入れてモニター開く

Microsoft Surface Pro6をお借りしました。

専用のペンと、マウスも一緒にお借りしてます。

最新のSurface Pro6です。

Surface Pro6は、第8世代のIntel Coreが搭載されています。

ノートパソコンとしても使えるし、タブレットとしても使えるので、用途に応じて使い分けることが出来ます。

2in1のパソコンは今までにもありますので、お馴染みな印象もありますね。

SurfacePro6のキーボードと、本体は、別々に分かれています。

磁石で、吸い寄せられように本体に、キーボードがくっつくと、ノートパソコンになって、付いたらすぐに、一体化されます。

時間差もないくらいなので、作業もしやすいですね。

SurfacePro6 本体とキーボード別々

SurfacePro6本体とキーボードつながるところの磁石部分

磁石で、くっつく部分は、こんな感じです。

SurfacePro6の駆動時間は、マイクロソフトのホームページでチェックしてみると、最大13.5時間という長持ちなバッテリーになっています。

もちろん使う環境によっても変わってくるかと思いますが、ほぼ一日使っても大丈夫そうなので、お仕事にもプライベートにも、使えるかなと思いました。

Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

専用のペンとマウスも、使って見ると便利です。

パソコンの操作自体、ペンやマウスが無くても、使えますが、ペンや、マウスは、あった方が便利ですね。

効率が上がるなと、思いました。

SurfacePro6 3Dペイントで、好き勝手に書いてみた

SurfacePro6 3Dペイントで、好き勝手に書いてみたときに、専用のペンがあるのは、いいなと思いました。

マウスも、様々シーンであるのとないのとでは、使いやすさに差がでると思いました。

SurfacePro6 本体とキーボードの重さ量る

本体とキーボード合わせた重さは、1070gでした。

それぞれ、量ってみると、こんな重さでした。

キーボードだけだと、300g。

本体だけだと、770g。

電源コード合わせた状態で、220g。

ペンは、15g。

マウスは、80g。

と、実際持ち歩いても軽くて、いいなと思いました。

書類とか、色々入れて持ち歩くことを考えれば、このくらいが、魅力なのかもしれないですね。

それでいて、駆動時間も長いのですから、手軽なパソコン、使えるパソコンになりそうですね。

Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

SurfacePro6 キータッチ