スポンサーリンク

レノボのThinkPad E595を実際見て触ってみました

ThinkPad E595をお借りしましたので、実際に使って見た時の感想含めて書いていこうと思います。

ThikPad E595は、ビジネスでも使えるパフォーマンスの高いノートパソコンです。

ThinkPad E595

CPUには、AMD Ryzen5 3500U が、搭載されています。

グラフィックスには、AMD Radeon Vega 8 が、搭載されています。

仕様は、こんな感じ AMD Ryzen5 3500U

モニターは、15.6型 FHD IPS液晶です。

最近タッチパネルで、タッチペンが使えるパソコンではないのですが、画面を見た時に、眩しさが、少なく感じるところがあるので、好きですね。

横や、斜め横などから、あと、上から見た時にも、見やすく感じました。

モニター画面、斜めから見ても、見やすく疲れにくいかなと思いました

斜め横から見た際に、正面から見た時のように見やすかったです。

ThinkPd E595 15.6型 FHD IPS液晶モニター

2020年4月現在、最新モデルになります。

50,600円~購入が、可能です。

選ぶモデルによっても価格の違いが、あります。

また、それぞれ自分の使いやすい仕様に、カスタマイズも出来るので、価格については、変動します。

また、割引クーポンなど使うことで、お得なので、ぜひ、チェックしてみてくださいね。

価格については、変動することもあるので、要確認してみてくださいね。

ThinkPad E595

ThinkPad E595 本体水平になります

フラットになるので、作業しやすい角度で、パソコン使って見ることが出来るのは、魅力ですね。

今まで、IntelのCPUを選んでましたので、AMDは、どんな感じなのかな?

興味深いものがあります。

先日イベントに参加した際、創業50周年のAMDから、2019年11月30日発売の第3世代 AMD Ryzen 9 3950X プロセッサーを見てきました。

なかなか、興味深いお話も伺うことが出来ました。

CPUが良くなると、パフォーマンスも向上するので、期待も大きくなりますからね。

同等レベルでの、AMDと、Intelとの比較工場していくことは、今後より一層に楽しみですね。

まだ、私自身、AMD製品を使ったことがなかったので、今回のレビューは、貴重な体験でもあります。

Think Pad E595 AMD Ryzen5 RADEON VEGA GRAPHICS AMD

長く使いたいと思う私は、やっぱり、価格を抑えたものよりも、ハイパフォーマンスモデルに目が行きます。

パフォーマンスが良くなって価格も抑えられるAMD製品は、やっぱり、興味深いですよ。

ネットで、AMDとIntelの比較を見ると、CPUの比較は、ほぼ互角になっているそうです。

グラフィックス等みると、AMDが、勝っていることもあるそうです。

ThinkPad E595を実際、動かしてみた感じで見ると、動きもスムーズだし、パソコン立ち上げたり、シャットダウンしたり、再起動したりしてみた感じだと、早い動作に、ストレスもないかなと思いました。

駆動時間については、充電を満充電にした際、どのくらいの目やす時間になるかなと思って、チェックしてみると、100%の時に、10時間48分と画面にでましたので、これは、いいなと思いました。

満充電 100%で、10時間48分

使い方で、短くなることもあるかと思いますが、駆動時間がたっぷりなのは、うれしいと思いました。

81%くらいで、6時間11分でした。

本格的に、使ってみたら、変わるかもしれないですが、充電が、充分であれば、充電をいつもしていなくても、作業しやすくなると思いませんか。

81%の電力で、残り6時間11分です

ちょっと、ペイント3Dを使って遊んでみました。

絵を描いて、それを動かしてみるのは、意外と楽しかったです。

絵心はないのですが、遊んでみました。

ペイント3Dで、絵をかいて遊ぶ

星描いてみたり、その星を、動かしてみたり、筒を描いて、動かしてみたりして、遊んでみました。

パソコンについている、カメラもちょっと、動かしてみました。

720p HDカメラ(マイクロフォン付)。

720p HDカメラ(マイクロフォン付

顔認識で、顔に四角がはまってます。

なかなか、きれいに写ってますね。

ThinkPad E595