ThinkPad X1 Carbonを実機体験レポートします。

ThinkPadX1Carbon

レノボさんからThinkPad X1 Carbonをお借りしましたので、その体験したレポートを書きたいと思います。

ThinkPad X1 Carbonは、レノボのウルトラブックです。

とても軽くて薄くて、持ち運びやすいのでThinkPad X1 Carbonは、タブレットでは、事足りないと考える方にオススメしたいノートパソコンです。

カーボン繊維が使われていますので強度も安心です。

薄くて軽いということは、心配なのは、強度だと思います。

例えば電車の中で、もみくしゃに合いながらも、データをパソコンを守らないと意味がないのです。

カーボン繊維は、その強度と軽さで、クルマや、飛行機などにも使われている素材だそうです。

また、ゴルフクラブにも使われていますね。

(カーボン繊維については、http://www.carbonfiber.gr.jp/を参考にみました。)

最近よくタブレットを持っている方を見かけます。それは、それで良いと思います。

私もタブレット使ってみたいと思っています。

しかし、作業するとなると、私の中では、ノートパソコンで打ち込みたいです。

ThinkPadX1Carbon薄さわかり

持ち歩くのに、重たい書類もある中で、パソコンの重さも加わると重量は、結構あると思います。

私も以前、2000年頃ですが、ノートパソコンを使っていました。その頃使っていたパソコンが、重たくて膝の上に載せていると、熱くなるしで、結構作業も大変だと感じていました。

今回のThinkPad X1 Carbonは、大変軽くて、これが当時にあれば、絶対こっち購入していたかも知れないと考えるくらいです。

パソコン初心者でもあったので、それはそれで、苦労していたかもしれませんが。。。。

説明書が簡単すぎるくらいのものしかないです。

ある程度知識がないと、操作等で困るかもしれませんね。

ThinkPadX1Carbon画面

2014年2月5日現在、ThinkPad X1 Carbonも最新のものが発売されています。

今回は、その旧モデルですが、Windows8Proであることを含めると、参考になると思います。

2014年に新発売となったThinkPad X1 Carbonは、Window8.1Proになります。

ThinkPadX1Carbon本体とコー

ThinkPadX1Carbonを、画面を開けた状態で、まっ平らにした場合も、しっかりとモニターを確認することができました。

ThinkPadX1Carbon平らに

ThinkPadX1Carbon斜めから

いろいろな角度から見ても、見やすかったのもいいですね。

仕事で使うとして、気になるのがバッテリー部分もあると思います。持ち歩くと困るのが、コンセントのない場所で作業しなくては行けなくなったときです。

私は、万が一というのも考えると、長くバッテリーが維持できるものが欲しいと思います。

バッテリー充電するための機器もありますが、本体が、しっかり駆動できれば、そんな心配がなくなるというもの。

余分な荷物を持たなくて良いと考えると、仕事も楽しくなるのではないかなと考えます。

パソコンを購入を考えた際、購入した後のことも考えて決めるくらいの余裕が欲しいですね。

ThinkPadX1Carbonを持って



Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください